Special Class


Kaori Special Class

メイン講師 Kaori
日程 2018年10月20日(土) 9:30-10:45、11:00-12:15、11月10日(土)15:00-16:00、16:15-17:15、12月8日(土)14:20-15:40、16:00-17:20
kaori01.jpg 
2019年1月より、「ヴィンヤサ・ファンダメンタルズ200時間講師養成講座」がはじまります。 
トレーニング開講にあたり、「これはどんなヨガなんだろう?」と興味をお持ちくださっている方に、
ご紹介の機会として、週末に特別クラスを開催いたします。
もちろん普段から練習にご参加くださっている皆さまも、ご都合つきましたらぜひご参加ください。

この特別クラスは、「呼吸・流動性・アラインメント」の三つの要素を軸にしたヴィンヤサと、深いリラクゼーションを導くリストラティブ・ヨガの2クラスです。どちらもこの200時間のトレーニングで基礎を学んでゆきます。
このヴィンヤサは、呼吸とアラインメント、そして背景にある哲学的な考え方を使って、体と心にスペースを開き、目覚め、エネルギーに満ちて、内側から解放されるようなプラクティスをしてゆきます。 

リストラティブ・ヨガは、再生と回復のヨガと呼ばれています。
日常的なストレス、慢性的な疲労、不眠、なんとなく元気がでないなど、不定愁訴に悩まされている方にメリットがあると考えられています。

自分の体を眺めることと呼吸のプラクティスから始め、十分なプロップに体をゆだね、いくつかのポーズに長めに入って、深くリラックスしてゆきます。神経系におだやかに作用し、脳の働きを鎮めて、疲れた身体と心に回復をもたらします。 

このヨガに興味をお持ちくださったら、ぜひ、このイントロダクションクラスへご参加ください。 
クラスの後にトレーニングに関する質問なども受け付けいたします

クラスでお会いできるのを楽しみにしています。

Love & Light
Kaori
  


44241606304_ff05c46d99_z.jpg 
★Special Class 日程★
2018年10月20日(土)
9:30-10:45 Vinyasa Intermediate
11:00-12:15 呼吸法&リストラティヴ 

2018年11月10日(土)
15:00-16:00 Vinyasa EXPRESS All Level
16:15-17:15 リストラティヴ 

2018年12月8日(土)
14:20-15:40 マインドフルネス瞑想&リストラティヴ
16:00-17:20 Vinyasa Basics  

【ヴィンヤサ】
ヴィンヤサは、Vi そして Nyasa という二つのサンスクリットの単語からなり、それは特別な順番に置くという意味です。 
ヴィンヤサは、また、
呼吸によって動きを導くことで心と体にバランスをもたらすヨガという意味でも広く使われています。 
体に熱を作り、柔軟性と強さを育て、集中力を養います。


【プラナヤマ&リストラティブ】
この特別クラスでは、とても穏やかなプラナヤマで繊細な呼吸への意識を深め、
副交感神経を優位に導いてゆきます。リストラティブでは、プロップによって身
体を緩やかに圧迫・伸展することで全身の血流を促し、
習慣化した緊張を少しずつ手放すことで、深いリラクゼーションへと導きます。

【マインドフルネス瞑想&リストラティブ】
この特別クラスでは、リストラティブで、プロップに支えられながら身体を重力
に委ねて身体を開き、習慣化した緊張を手放してリラックスすることで、脳の働きを沈め、
精神を安定させてゆきます。マインドフルネス瞑想ではshamatha(止行)のプラクティスをしてゆきます。
サンスクリットでは shamaは平和や穏やかにするを意味します。
文字通り思考を穏やかにしてゆくプラクティスです。初心者の方でも丁寧に最初から指導しますのでご参加いただけます。 




ab171322bd122e13d33d1a8f46ecd3202d2f90dc.jpg
 
ヴィンヤサ・
ファンダメンタルズ200時間講師養成講座 

2019年1月より、第一回目の Kaori Kokita Yoga X TAMISA 200時間ヴィンヤサ・ファンダメンタルの講師養成講座を開講いたします。

この講座は、呼吸・アラインメント・流動性を軸に、誰もが安全で楽しみながら実践を重ねることのできるハタ・ヴィンヤサの指導について学びます。トレーニングでは、指導技術を学ぶことはもとより、プラクティスの質を深めること、実践を通じた知識の洗練を重ねること、そして何より好奇心をもって探求することを大切にしてゆきたいと思います。 
 
レーニングの典型的な1日は、朝、マインドフルネス瞑想から始まり、その日のテーマにそった知的でクリエイティブなシークエンスをプラクティスをします。プラクティスは洗練の機会となり、また自分自身の新たなチャレンジと課題を見つける機会にもなるでしょう。ここでは、生徒を見る目を養い、プロップを使用した軽減法やヴァリエーションについても学びます。

午後は、指導技術を学びます。その日のテーマとシークエンスの解説に併せて、解剖学、ハンズオン、そして実際に指導のプラクティスに入ります。新しく学んだことは実践を通じてしっかりと身につけてゆきます。さらに、哲学や呼吸、各テーマの講義・実践がそれらに続きます。

このトレーニングは前半3ヶ月の10日間、後半3ヶ月の10日間で構成されています。
そしてその間の3ヶ月間、トレイニーの皆さんは、プラクティスと与えられた課題を通じてスワディヤーヤ(自分で探求すること)を重ねます。また同時に、このトレーニングで出会った仲間とできるだけ集まる機会を持ち、前半に学んだことの復習を含め、お互いに意見交換しながら学びを深めてください。それはとても豊かな実りをもたらすでしょう。
アドバイスが必要な場合や、質問がある場合、トレイナー及び2名のアシスタントが随時対応します。 

日程: 
【前期】2019年 1月12日(土)-14日(月祝)、2月9日(土)-11日(月祝)、3月21日(木祝)-24日(日) 
【後期】2019年 7月13日(土)-15日(月祝)、8月10日(土)-12日(月祝)、9月13日(金)-16日(月祝) 
各9:00-18:00(1時間のランチタイムと休憩含む)

講師:こきたかおり|Kaori Kokita 

場所:三条寺町スタジオ 

詳細・お申込みはこちらから⇒https://tamisa-yoga.com/program/teacher/sanjo/20190112--x-tamisa-200.html 

講師紹介

Kaori

5年間のNYC滞在を経て2009年秋帰国。
以来、大阪市内を中心にヨガの指導に携わりつつ、毎年数ヶ月の渡米で継続的に学びを重ねる。一般のクラスの指導に加え、指導者の育成にも携わり、ヨガの恩恵に感謝し、そして触発され、その喜びを多くの人と分かち合えることを願って活動を続ける。
アラインメントに留意しつつ、流動性を大切に、優美で力強いヴィンヤサの中に、細部への意識と気づきを促すような指導に定評がある。仏教思想や哲学はもとより、ポエトリーなども素材に、ユニークでクリエイティブなアプローチを通じて、初心者から経験者までの対象に、幅広い指導力を持つ。

www.yoga-madhya.com

E-RYT 500
Certified Advanced Relax & Renew® Trainer
マインドフルネス瞑想プラクティショナー
同志社大学大学院アメリカ研究科修士
ニュースクール・ソーシャルリサーチ文化研究修士